グループ経営理念

グループ全体の経営理念についてご説明致します。


新鋭グループについて

新鋭グループは、日本、韓国、中国、フィリピン、ベトナムなど東南アジア一帯に事業を展開しているグローバル企業です。
年間売上規模は約500億円、プレス、モ−ルド、アルマイトなどの部品製造と、さらにそれらを組み込んでの完成品組立(EMS)をおこなっています。

以下に新鋭グループの特徴と目指すところをご説明いたします。


経営方針

新鋭グループは、グローバルな事業展開のなかで生きていくためには、下記の3点が経営上の重要な基本方針と考えています。

  1. 常に最適ビジネスモデルを追求します
  2. 常に業界最先端の技術力を追求します
  3. 常に業界最先端の生産性を追求します

行動指針

革新と利益を生み出す企業になるためには、そのようなことができる職場環境つくりが必要です。そのために、新鋭グループは、下記の行動指針を掲げています。

  1. 自由(Free)、公正(Fair)、公開(Open)
  2. 明快(Simple)、迅速(Speedy)、柔軟(Flexible)
  3. 整理、整頓、清掃

役職の上下にとらわれず皆が自由な発想で議論し、評価は公平におこなわれ、そして意思決定の透明性が保たれる、これらは今後の企業発展にとっての必須条件です。 社内の決定事項は単純・明快な形で従業員に徹底され、そして素早く、柔軟性をもって実行されなければならない。
3Sについては、現場の3Sも大事ですが、それより重要なことは、各自の頭の中の情報を常に整理、整頓、清掃するだと考えています。


グローバル人材と社会的責任

新鋭グループは、グローバル経営の観点から、多様な人材が生き生きと働くことのできる“職場環境”を提供します。 人材の多様性を尊重すること、その強みを活かしていくことは、グローバルな成長に不可欠だと考えています。
こうした認識のもとに、新鋭グループは、グローバルな舞台で活躍する意欲と能力のある人材の採用を強化しています。 そして、年齢や性別、国籍に関わらず、社員一人ひとりが強みを発揮しながら、チーム一体となってシナジーを生み出す職場環境の実現を目指しています。

また、新鋭グループは、“利益を追求するだけではなく、地域に根付き、社会と融合した存在でなければならない”と考えています。 新鋭グループは創業以来、環境へ配慮しながら、技術や製品を通じて、お客様や社会に様々な“ご満足”を提供してきました。今後もこの方針は変わりません。


新鋭グループ経営理念

新鋭グループは、株主、従業員、顧客、取引先そして地域社会の幸福と発展に貢献します。
そして、それぞれの国、地域で最も信頼されるEMS、最も信頼されるプレス、モールド、アルマイト等の部品供給企業になることを志向します。